BLOGブログ
BLOG

後付けひさしをご検討中の皆さんに

2018/06/27
後付けひさし

日本の住宅事情上、住宅設計時は面積のこともあり、なかなか取り入れることが難しい庇(ひさし)。でも実際住んで見ると結構不便だなぁ〜って思えますよね。また、自分で後付けしたい所ですが、それも怖くて手を出せないし、工務店に頼むのも結構負担になったりするのが現状です。DIYで何とかひさしを後付けしたい方に、世界30か国で愛される後付けひさし「ケノフィックス(CANOFIX)」をお勧めします。「ケノフィックス」は戸建住宅だけでなくマンションやアパート、店舗など幅広い建物に設置可能です。複数のブラケットをご用意しておりますので、設置箇所の幅に合わせてお選びいただけます。一枚のシートで最大30メートルまで設置可能ですので、水漏れの心配も、割れる心配もない取っても機能性に優れたひさしです。通販で後付け庇の購入をお考えなら、【ケノフィックス・ジャパン株式会社】をご活用ください。後付けひさしケノフィックスは、ポリカーボネートの庇なので耐久性があり、一つのフレーム(屋根受け)で160〜300kg荷重にも耐えることができます。また、デザイン性が高く日本の住宅にもよく合い、違和感がないのが特徴です。しかも、軽量で外壁に負担を掛けずに施工ができるので、出入り口や窓の上部、ウッドデッキやベランダなどにも気軽に設置できます。生活の場に快適な空間を演出したいという方なら、後付けひさ「ケノフィックス(CANOFIX)」をご検討ください。

豆知識として。^^

家の出入り口や窓の上部に取り付ける小型の屋根を「庇(ひさし)」と言います。同じような働きのある屋根として「軒」がありますが、庇と異なり軒は外壁から外側に屋根が突き出ている部分を指します。
 役割は似ていますが形や大きさが異なりますので、新築を考えるときにどちらを選ぶか悩む方もいらっしゃるでしょう。近年はデザインを考慮した住宅が多く、軒を設けることは少なくなっています。また、土地が限られているなどの住宅事情により軒が作れないという場合も珍しくありません。

デザイン的に軒を設けたくない方や、建設上、軒が設けられなかった方で雨風や日差しよけをお考えならDIYで簡単に組み立てできる後付け庇「ケノフィックス(CANOFIX)」を取り付けてみたらいかがでしょうか。後付け庇「ケノフィックス(CANOFIX)」なら外壁を壊さずに施工ができ、しかも手軽に庇の機能性を住宅にプラスできます。また、ケノフィックスのもう一つの特徴は綺麗な曲線のひさしであることです。

後付けでも違和感なく建物に溶け込むような見栄えの良いデザイン性が世界で愛される理由でもあります。曲線を描いていることで雪が積もった時も一定の重さになると滑り落ちたり、ポリカーボネート性の屋根材のおかげで、すぐ溶けて落ちてきたりもすることから、雪国のカナダから一番愛されている後付けひさしでもあります。日本では、積雪量の多い青森と風の強い沖縄でも設置されております。この機会に後付けひさし「ケノフィックス(CANOFIX)」をお試し頂いてみてはいかがでしょうか?